2013年12月31日火曜日

大晦日の習慣


信州長野では、

おせちを大みそかに食べる習慣がある。

 


そもそもおせち料理の歴史を紐解けばおせちは新年を迎える料理として

大晦日に食べるのが一般的な慣わしだったそうです。

それがいつしか正月をおもてなす週箱料理へと移り変わり

代わって大晦日に年越しそばを食べる習慣が生まれたと言います。

 

長野ではむしろ正式な伝統にのっとっている。

 

おせち料理にはそれぞれ意味があり

ごまめ(五万米)または、田作りともいう

田植えの際に肥料にした事から五万米という

豊作を願いおせちに入れると言われている。

 

黒豆は豆に働けますようになど

めでたいタイなども入れる。

一つ一つ

いのちの森水輪では

手作りでお客様にお出ししている


お正月におせちを食べると言う伝統的な事も

薄れつつある。

実習生の中には、初めておせち料理を食べたという人もいるほど

 

日本の伝統的な事は、忘れないように

私達が守り続けたいと思います。



 

担当 平岡

2013年12月30日月曜日

いのちをつなぐ


いのちの森水輪中心のさおりさんのご飯を紹介したいと思います。

 


さおりさんのご飯は、

畑のお野菜を約15種類の野菜を一日に使います。

そして、乾物など13種類

更に先日完成した

酵素も入れている。

 


全ての野菜をみじん切りにしたものを鍋に入れていきます。

入れる時も色の薄い根野菜から入れ弱火でコトコトかさね煮します。

 

かさね煮すると野菜本来の味が調味料を加えなくても

甘みとうまみがでてくる。

 

さおりさんのご飯は私達が食べても

体にしみ込むなとぁ~感じるほど

生き生きとしてくる。

 



世の中の人々が                                             

原点に戻り

食事の大切さ

体が喜び心が感じる食事を

さおりさんと言う大切な存在から

私達は学んでいる。

 

 

私達はさおりさんの

いのちをつないでいきたいと思います。

 担当:平岡

2013年12月20日金曜日

晩白柚(ばんぺいゆ)


熊本特産品晩白柚が細川佳代子さんから届きました。


 

毎年この時期になると送ってくださりありがとうございます。

 

晩白柚は世界最大の柑橘系と言われるほど大きく

すぐ食べるのではなく、

まずは香りを楽しんだ後に頂く果物




 

香水のようなとてもいい香りがし南国のトロピカル風のとても気品

ある魅力的な香りが部屋中に漂ってきた時が食べごろのサインです。

 

日本の素晴らしい文化にわくわくさせられます。





担当:平岡




2013年12月15日日曜日

忘れてはいけない事


福島原発事故から来年の3月11日で3年がたちます。

 

チェルノブイリを超える大事故が起きた事

みなさん忘れていませんか?

 

「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」

 

福島では原発により

自由に外も出れない

仕事も家も奪われ

被曝と言う恐ろしい事が今後どんどん症状としてあらわれてくる。

 

私達は

電気のつけ忘れや

自由に外の出て自由に呼吸ができる

 

新鮮で元気なお野菜を

ここいのちの森では自然と調和し作り続けている。

 

 

そして、全国にこの新鮮で元気なお野菜を

届け続けたい。

 

 

私達に出来る最大限の事を精一杯やり

精一杯生きる事。

 

私達は忘れない。

 

担当:平岡

2013年12月8日日曜日

ドイツの素敵な習慣


ドイツの家庭ではシュトーレン作りとともに

一か月前からクリスマスが始まります。

 
 


シュトーレンはたっぷりの粉糖聖夜に降る雪を表現し

中身はたっぷりのレーズンが入っている。

日が経つごとに味わい深く美味しくなる

不思議なお菓子。

 

これをクリスマスを待ちながら少しずつ味わっていく

ロマンチックな習慣。

 

ドイツでは何百年も続いている習慣である。

 
 
 

日本人はクリスマスよりも

お正月の準備に追われているように思いまが

一息つけて

毎日小さな幸せと

素敵な習慣を身につけ夢を大きく

描いていきたい。
 

担当:平岡
 

2013年11月30日土曜日

保存食をしっかり確保しましょう。


冬になると雪で野菜が採れなくなってしまいます。

昔ながらに保存食を蓄える時期です。

 
大根のたくわん漬けや白菜づけなど

先日やった野沢菜漬けもそうですが

どれも冬の為の蓄えです。

 
昔の人は、本当に生きる知恵がすごいなと思います。

私達ももう少し生活に対して

生き延びる為にはどうするかなどを真剣に取り組んで

いかなければならないと思います。

 
担当:平岡

2013年11月28日木曜日

昔ながらの味噌作り


毎年2回味噌作りをして1年分の味噌を作ります。

 

昔はどの家庭も1年分の

味噌作りをしていました。

 

実際味噌作りをして

昔は豆をするのも手ですり

味噌を練るのも手でこねる

それがかなりの重労働。

 

昔の人達は本当に

何もないとこから追求し

良い物を作り上げ現代まで進化し続けている。

 

今は何でも手に入り

お金さえあれば手軽に手に入る。

 

便利になりすぎるのも

人間にとって良い事ではないのかもしれない。

便利な世の中に楽に生きようと苦労や困難を避ける。

それが本当により良い人生を送る為には困難を乗り越えてこそ

より良く人生が開けてくるのではないでしょうか?

 

 

忘れてはいけないもの

守らなければいけないも

伝えていかなければいけないもの

 

今回は600キロの豆を朝5時から夜の10時までで無事終わる事が出来ました。

味噌作りを通して

私達には次の世代に伝えていく使命がある。


担当平岡

2013年11月10日日曜日

2013/11/07 本物の野沢菜漬けを食べた事はありますか


今お店で売っている野沢菜漬けは

化学調味料の液に野沢菜を入れて2,3日で出来てしまいます。

昔ながらの野沢菜漬けは、つけてから一カ月半ほどかかります。

もしかしたら、化学調味料でつけた野沢菜漬けの方がおいしいと感じる方も多いかもしれないです。

ただそれは、今の化学調味料の味に慣れてしまっている為です。


長野では、昔から勤労感謝の日にどこの家庭も野沢菜漬けをしていました。

なぜ野沢菜漬けの習慣がなくなってしまったのかと言うと

一つは、重労働な事。

野沢菜を収穫し、4工程の洗いをして漬けていく

一家庭で200キロから300キロは漬けていたと言うから大変だ。

漬物石も、昔はなく川から石を選んできていたと言うから驚きだ。

しかも、男性がしていたのではなく、

女性がやっていたから本当に昔の人はすごい。


60年間も野沢菜漬けをしている研先生は本当に

真剣に伝えようと

してくれている。


本物を教えてくれている。


私達も

真剣に向き合い次に伝える

様に一挙手一踏足集中してやってきたいと思います。


担当平岡
 



2013/11/05 酵素完成


酵素がようやく完成しました。

 

毎日毎日朝晩と手でしっかりとかき混ぜました。

 

量が多いので

酵素でつけていた野菜達をこすのも

10キロの野菜と10キロの砂糖

となると大変ですが

一つ一つ愛情を込めて作り上げました。

 

 

酵素がどれだけ体を変化するのかが

楽しみです。
担当:平岡

2013年11月3日日曜日

釜焼きパン

今日は研先生からルヴァンのパンを買ってきていただきました。
とっても大きなパンで朝からみんなを驚かせました。


ルヴァンのパンはひとつひとつ丁寧に手作りで作っている。
種類は他のパン屋さんに比べると少ないが
他のパンとは、違うなと確信できる。


自然な小麦の香り色やパンの固さなど他にはなく
何とも言えない美味しさ。

いのちの森水輪では、
心のこもった物だけをお出ししている。

それは、本物をここで伝えていきたいからです。


担当平岡

2013年10月30日水曜日

酵素を育てています

一週間は、朝晩樽をかき混ぜ酵素を作って行く
かき混ぜる時は
酵素が生きていると感じる。
手でかき混ぜるのも酵素が美味しくなる重要なポイント!!

お漬物をかき混ぜる時も女性の手で必ずかき混ぜる。
女性の手でかき混ぜるとなぜかお漬物がおいしくなる。
女性の手にはおいしい秘訣がある。



酵素が生き生きとしていると感じる。
人たる人樽の輝きや感じ方もまた違う
味も同じものでも違うと思う


出来上がるのが本当に楽しみだ。
担当:平岡

2013年10月25日金曜日

酵素作りに挑戦


 今日は関川さんから酵素の作り方を
教わりました。
今回の酵素作りは、全ていのちの森水輪で採れたものを
ふんだんに使いました。
25種類から30種類ほどの野菜や木の実達
全て無農薬で自然にとれたものは他にはない酵素です。
酵素は、種類が多ければ多いほどよいと言われていまが、
飲む人により野菜の種類などを変えていきます。
 
今回は、いのちの森の中心であるさおりさんとみどり先生用の酵素と
研先生の二つの樽を作りました。

研先生の酵素は、畑の農場長の江見さん
さおりさんとみどり先生は総リーダー小林さんが作りました。

作り方はいたってシンプル
野菜を半月か円に切り
野菜を1キロ切ったら一キロ白砂糖
野菜を切ったら白砂糖を入れていく事の繰り返しで作って行きます。
同じように作った酵素でも
エネルギーの違いなのか見た目が明らかに違いました。
料理でもそうですが、同じような材料を使い同じ料理を作っても
まったく同じなものはできません。
このエネルギーの違いにびっくりしました。

そして、白砂糖を使う事は
本来白砂糖は体に悪いとされていますが
今回白砂糖をあえて使う意味があります。
白砂糖がもっとも植物の細胞膜に
浸透しやすく、さらに中の成分を壊さずにその植物のエキス・酵素を引き出す特性に
とても優れているからです。
さらに発酵の段階で白砂糖(ほぼ完全なショ糖)はブドウ糖になり、最終的に白砂糖としては残らなくなります。



毎日朝晩かき混ぜ
一週間発酵させていく。

そして、やさい達をざるにかけ
一日おきやっとの飲むっことが出来る。

こした野菜もあらゆるものに使えるので丸ごと無駄なくだべられます。
どんな酵素が出来るのか待ちどうしいです。