2013年7月23日火曜日

一人の百歩より二百人の半歩




 「食卓の向こう側」
この本は食について様々な事を取り上げている
本がある。
今回私が共感したのは、
「生ごみは問う」と言うシリーズだ。

この時期菌が繁殖しやすく
早く食べなければ処分するしかない。

ただ
食べ物を大切にと教育的に教えているのにもかかわらず
余り物を捨ててしまう。
まったく説得力がない。

食にあふれて
食べ物を粗末にしないと言う気持ちが薄れてきている。

だからこそ今回この本にはこの本には
世の中のゴミを減らす運動
生ごみを土にかえすことや
子供達には余り物でおにぎりを作り
もったいないという事を教えている。

私達も本気で取り組む必要がある。

出来るだけ生ごみは土にかえす
そして、食べきれる量だけ作ること。
出来る事から少しずつやって行こう

2013年7月19日金曜日

夏バテ防止




夏の暑さに対抗していく為水ばかり取りすぎてしまうこの季節
水をとりすぎて胃腸の機能が低下し
血液が薄まり食欲が低下してしまいます。

そんな夏だからこそ
トマトやキュウリがたくさん出来る。

自然と気候に合わせて
夏野菜が出来る。
水分はほどほどにしっかりと夏野菜と塩分
をとりこれから始まる夏を乗りきりましょう


2013年7月16日火曜日

みんなのおやつ



今日は、普段みんなが食べているおやつを
紹介したいと思います。

いいづなでは、
粉物がとても有名でそば粉やネパールコーン小麦など
で作るクッキーやケーキは、みんなの大好物。

今回おやつは、
玄米せんべい
少し古い玄米を使って片栗粉と甜菜糖混ぜ合わせたものを
オーブンに流し込み30分ぐらい焼きパリッとしたらお好みで甘辛のお醤油をつけたら
出来上がり。
とっても簡単で美味しい。

スナック菓子や添加物の物ではなく
水輪では手作りを大事にしている。

2013年7月6日土曜日

食から生活習慣病を予防



民族にはそれぞれ民族固有の
食べ物
食べ方がある。
かつて日本も日本の風土に合った
日本人の体質を支える食文化が息づいていた。
しかし、
戦後日本人の食は急激に欧米化し、55年近くで
食生活もガラッと変わってしまいました。
これほど短い期間で変わってしまったのは
世界広し日本人だけ!!!


主食は、穀物と野菜から肉や乳製品の動物性へ
ご飯からパンへ
学校給食の味覚の変化

今こそ食を見直し食い改めるべきである。
食べる事で生かされている。
当たり前の事実を素直に受け止め食べ物を自然に戻す。
そう簡単な事ではない。

感じるままに