2013年12月31日火曜日

大晦日の習慣


信州長野では、

おせちを大みそかに食べる習慣がある。

 


そもそもおせち料理の歴史を紐解けばおせちは新年を迎える料理として

大晦日に食べるのが一般的な慣わしだったそうです。

それがいつしか正月をおもてなす週箱料理へと移り変わり

代わって大晦日に年越しそばを食べる習慣が生まれたと言います。

 

長野ではむしろ正式な伝統にのっとっている。

 

おせち料理にはそれぞれ意味があり

ごまめ(五万米)または、田作りともいう

田植えの際に肥料にした事から五万米という

豊作を願いおせちに入れると言われている。

 

黒豆は豆に働けますようになど

めでたいタイなども入れる。

一つ一つ

いのちの森水輪では

手作りでお客様にお出ししている


お正月におせちを食べると言う伝統的な事も

薄れつつある。

実習生の中には、初めておせち料理を食べたという人もいるほど

 

日本の伝統的な事は、忘れないように

私達が守り続けたいと思います。



 

担当 平岡

2013年12月30日月曜日

いのちをつなぐ


いのちの森水輪中心のさおりさんのご飯を紹介したいと思います。

 


さおりさんのご飯は、

畑のお野菜を約15種類の野菜を一日に使います。

そして、乾物など13種類

更に先日完成した

酵素も入れている。

 


全ての野菜をみじん切りにしたものを鍋に入れていきます。

入れる時も色の薄い根野菜から入れ弱火でコトコトかさね煮します。

 

かさね煮すると野菜本来の味が調味料を加えなくても

甘みとうまみがでてくる。

 

さおりさんのご飯は私達が食べても

体にしみ込むなとぁ~感じるほど

生き生きとしてくる。

 



世の中の人々が                                             

原点に戻り

食事の大切さ

体が喜び心が感じる食事を

さおりさんと言う大切な存在から

私達は学んでいる。

 

 

私達はさおりさんの

いのちをつないでいきたいと思います。

 担当:平岡

2013年12月20日金曜日

晩白柚(ばんぺいゆ)


熊本特産品晩白柚が細川佳代子さんから届きました。


 

毎年この時期になると送ってくださりありがとうございます。

 

晩白柚は世界最大の柑橘系と言われるほど大きく

すぐ食べるのではなく、

まずは香りを楽しんだ後に頂く果物




 

香水のようなとてもいい香りがし南国のトロピカル風のとても気品

ある魅力的な香りが部屋中に漂ってきた時が食べごろのサインです。

 

日本の素晴らしい文化にわくわくさせられます。





担当:平岡




2013年12月15日日曜日

忘れてはいけない事


福島原発事故から来年の3月11日で3年がたちます。

 

チェルノブイリを超える大事故が起きた事

みなさん忘れていませんか?

 

「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」

 

福島では原発により

自由に外も出れない

仕事も家も奪われ

被曝と言う恐ろしい事が今後どんどん症状としてあらわれてくる。

 

私達は

電気のつけ忘れや

自由に外の出て自由に呼吸ができる

 

新鮮で元気なお野菜を

ここいのちの森では自然と調和し作り続けている。

 

 

そして、全国にこの新鮮で元気なお野菜を

届け続けたい。

 

 

私達に出来る最大限の事を精一杯やり

精一杯生きる事。

 

私達は忘れない。

 

担当:平岡

2013年12月8日日曜日

ドイツの素敵な習慣


ドイツの家庭ではシュトーレン作りとともに

一か月前からクリスマスが始まります。

 
 


シュトーレンはたっぷりの粉糖聖夜に降る雪を表現し

中身はたっぷりのレーズンが入っている。

日が経つごとに味わい深く美味しくなる

不思議なお菓子。

 

これをクリスマスを待ちながら少しずつ味わっていく

ロマンチックな習慣。

 

ドイツでは何百年も続いている習慣である。

 
 
 

日本人はクリスマスよりも

お正月の準備に追われているように思いまが

一息つけて

毎日小さな幸せと

素敵な習慣を身につけ夢を大きく

描いていきたい。
 

担当:平岡