2014年12月31日水曜日

年が明ける前に


みどり先生とみんなで今年の反省と来年の目標をたてました。人それぞれいろんな課題があり去年より今年成長した事更にもっと成長する為にどうするのか?真剣に話し合いました。そんな大晦日の夜は信州ではおせちを食べます。今では、年越しソバなどがありおせちは元旦に食べる事が当たり前になってしまいましたが本当は年越しに食べるのが昔ながらです。



みんなで年越しおせちを食べながら今年一年健康でいられた事に感謝したいと思います。
今年みなさんありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
 


担当:平岡


2014年12月22日月曜日

ばんぺいゆ

飯綱では10年ぶりの大雪が降りあっという間にあたり一面真っ白になりました。そんな飯綱に毎年送っていただく晩白柚が九州から届きました。いつもいつも細川様ありがとうございます。晩白柚は、すぐ食べるのではなくしばらくお部屋で保管し香水のような香りがしてきたら食べごろという何とも日本人らしい果物。なぜ日本人らしいかというと昔の日本人は大木に花が咲きやがては実をつける。いつ落ちるかわからない実が落ちてくるのを大木の下でじっくりと座って待つ。その時が来るまで待つマイペースな日本人の心を忘れないように。晩白柚もその時が来るまでじっくりと待ちたいと思います。


担当:平岡

2014年11月21日金曜日

冬支度


いのちの森水輪では、10年ぶりの大雪が降りみんなで力を合わせて毎日雪かきに励んでいます。
これから冬に入り畑の野菜は取れなくなり蓄えたもので半年は生活していく。冬を過ごすにあたって保存食をみんなで作る。野沢菜漬け、 白菜漬け、キムチや大根漬けなどなど保存食を上手に使って冬を乗り越えたいと思います。



担当:平岡

2014年10月28日火曜日

自然な食卓

今日は母屋メンバーで間引きした水菜と春菊の選別をしました。 間引き野菜とは元気な野菜を育てるために元気で丈夫な野菜のまわりのものを抜いたものがまびき野菜となる。間引き野菜が今はたくさん出る時期でカレーやシチュウーに入れたり炒め物やサラダに使うことができみんなの食卓に多く並ぶのです。これが、見た目は小さいが、みずみずしくてとてもおいしいのです。塩か醤油だけでもおいしい贅沢野菜です。母屋で選別したものをみんなのところに持っていき調理してもらいおいしいサラダになりました。その他今は万願寺ピーマンナスなどの野菜もたくさんあり大量のてんぷらを作ってくれました。野菜を作る人がいて野菜を選別する人がいて調理する人がいて食べる人がいる。


  
これってすごいな~と感じ心が満たされました。皆で力を合わせた一つの料理は人一倍おいしく感じました。ばんざーい!!!!!!!!!!!!!!!!!!

担当:平岡

2014年10月24日金曜日

大きな大きな


おっきな!!!!!!!大根!!!!!なんてエネルギッシュ発送の箱に入らないほどの大きな大根さん!!!大根は、とっても便利な野菜で油を中和する役割を持っていてよくお魚やてんぷらなどについてくるのもおいしいだけじゃなく中和しバランスをとってくれている大事な役割がある。
食べるだけじゃなくて蚊などに刺されたときスライスにして貼っておくとかゆみが治まるという効果もある。更に大根の葉っぱは、刻んで塩もみして汁気をだし味付けをして、御飯にまぜてたべる。これが水輪のみんなの大好物長野名物「なめし」にもなり上から下まで食べれてしまう。



こんな大きく育ってくれてありがとう。皆で大切にいただきます。

 
担当:平岡

2014年10月5日日曜日

信濃町からのお届け物


ピンポーン

畑の人から信濃町で採れた物ですと持ってきてくれたもの

それは~

ちいちゃくて

可愛いい


スイカでした。


実は毎年うまくいかず、いつもは甘みがなく市販のスイカとは大違いの味

 

今年は、甘さ控えめだけど、おいしいスイカに皆で感動しました。

 

9月下旬で飯縄は秋の訪れを感じていましたがまだまだスイカを食べれるなんて

なんて嬉しい事でしょう。

こんなに立派に育ててくれた畑のみんなに感謝の思いでいっぱいです。

 

スイカさん大きく育ってくれてありがとう(non

 


来年は更に美味しいスイカを楽しみにしています。

 

担当 平岡

2014年10月1日水曜日

美味しい、と思いながら


大変申し訳ありません。

中々更新できず
 




美味しい、美味しい、

このトマト、かわいいね、

沢山食べたい。

 

―そんな風に、5分間は感想を言いながら、食事を感謝して

頂くことが、ファームの部署の人を中心に行われています。

 


畑の実習生のKさんが言っていましたが、

「僕たちのつくったお野菜が、こうやって食卓に並んで

みんながおいしそうにしているのを見て、感動する」

ということで、みんな、つながっているのだな、と思いました。

 

調理してくれた人に感謝する

 

野菜を育ててくれた人に感謝する

 

野菜に感謝する

 

皆に感謝します

皆で感謝します。

担当 ヨウコ

2014年9月25日木曜日

九州福岡からお届け物


とっても大きな栗がたくさん届きました。
 
 

山下さんのご両親ありがとうございます。

こんなに大きな栗は飯綱では、なかなかとれません。

みんなとても喜んでいます。

 

みんなで何にしょうか話し合った結果

栗ご飯を作る事にしました。

 

大量の栗を剥くのは一苦労でしたが

剥いた栗をたべながらみんなで協力して剥きました

 

剥いたかいがあったな~と思うほど

おいしいくりご飯ができました。

 

昔は近所の人からよくおすそわけの物が

たくさんあったなと思い出しました。

現代は隣の人がだれが住んでるのやらわからず

こういう習慣がなくなると悲しいなと思いました。

昔は共に助け合いいきていたのだなぁ~と

改めて感じました。

 

いのちの森に頂いた物には

感謝の気持ちを忘れないようにしていきたいと思います。

 

ご協力いただいている方に

感謝申し上げます。
 
担当:平岡

2014年8月9日土曜日

間違った知識と考え方



私は拒食になってしまった子の話を聞いてゾッとしました。

今はやりのマクロビオティックやベジタリアン菜食などがありますが
間違った知識を入れ誤解して実践している人がたくさんいるのではないかと思いました。

頭に知識を詰め込み頭で食べる事が間違いの原因を作っています。
病気の人や体調悪い時などに良くする為の治療法としてマクロビなどがありますが
痩せ願望やダイエットにマクロビを使いとりかえしのつかない状態で
水輪を訪れ拒食症と言われる子たちをたくさん目にしてきました。

みんな共通する偏った食事や、添加物が多いものを毎日食べ続けているのが問題です。
バランス良く何でも食べると言うのが理想です。

私は、アトピーを生まれつき持ち食物アレルギーがたくさんあり
食べられない物がたくさんある。
いつか絶対なんでも食べても大丈夫という
健康体になりたい。

だから、ちゃんとした知識をしっかりと伝えていくことが大事だなと思いました。

どうか頭で考えて食べないでください。

心で感じて
心が喜ぶ食事をしてほしいと思います。
そして、食べられる幸せに呼吸の出来る幸せに感謝をして・・・

水輪の食事はまさに心が喜ぶ食事をお出ししている。

担当平岡

2014年7月14日月曜日

スタッフ実習生のよるごはん



はじめまして。水輪実習生のヨウコです。主に館内とさおりさんのケアの方で、
お仕事をさせていただいております。水輪に来てだいたい1年ぐらいです。
ここでの食生活にまつわることを、少しでも皆様の中にお伝えできたらいいな、と
思います。よろしくお願いします。

今日も、みんなが館内清掃、事務、畑作業、さおりさんのケア…
それぞれの部署で汗を流しながらめいっぱい頑張っている午後、アウトドアの厨房で、
なかまを思いながら、愛情たっぷりの手作りお料理を作ってる方々もいます。
かくいう私も、客室清掃をしている時、
開いている窓から美味しそうな香ばしい匂いがして、
「美味しいごはんが待っている!がんばろう…」と思えました。

この食事作りですが、なかなか、かなりの集中力、気力がいると思います。
主婦の読者の方もいらっしゃると思いますが、料理って、メニューにもよりますが、
作るのはなかなか時間がかかります。ひとつ下ごしらえするにしても。

今日は、お客様がいらっしゃらなかったので、
厨房スタッフの鷲尾さんと、よく食事作りの補佐をして下さる、実習生のKさん
の二人が、つくってくれました。
鷲尾さんは、「みんな」に美味しいものを食べさせてあげたい…という精神の持ち主で、
スタッフ実習生に対し、非常に仲間意識を持っています。
Kさんも、今日は淡々と素早く鷲尾さんの補佐をし、30人のスタッフ達の食べる、
ものすごい量の野菜を切ってくれました。
彼女は最近、感謝をしても、指摘をしても、何かお願いしても、
「ありがとう」と言ってくれます。みんなそれぞれの考えを、教えてくれたから
「ありがとう」なんだそうです。すばらしい心だな、と思います。

みんながみんなのために
みんなのものはひとりのもの
ひとりのものはみんなのもの

そんな、利他の心と、仲間意識をひしひしと感じました。
心も満たされる、すばらしい夕食です。



















      担当 Y.I