2015年12月19日土曜日

食卓の向こう側6(産む力生まれる力)より

今回は命のつながりと向き合う
「お産」を通して現代人の食生活や社会の在り方体の働きを見つめなおすことのできる一冊でした。
私はまだ子供も産んだことないので、どのように子供が生まれてきてお母さん達はどのような心の準備をしているのか?母乳を飲んでくれない子供は、なぜ飲まないのか?
私の友達などが子供に添加物の入ったソースを平気で食べさせていたり離乳食も出来合いのものを食べさせファーストフードに行く母親をみて疑問を常に感じていました。本当にこんな小さいころからこのような食生活でよいのだろうか?

人間として多くの人が是非この本を読んでほしい!!と強く思いました
日本では昔から自然分娩という産み方があり私は何の機械もない畳とふとんの上で産むなんて危険だ!!なんて思っていましたが、それは大きな間違えた考え方をしていました。

人間というものは自然に産める力があるという事を初めて知りました。
自然に陣痛が来るのを待ち陣痛が来たら専用のいすに座り助産婦さんが腰などをマッサージしながら頭が出てきて赤ちゃんはくるっと90°回転して羊水から自分で鼻と口から「ぐにゅ」っと出てくるそうです。
そして、誕生の鳴き声が上がりそして母の胸に抱かれ穏やかな症状に戻り赤ちゃんが十分肺呼吸ができる様になり自然にへその緒から血液を送ることをやめ胎盤をはく離しようとする。自然な流れでへその緒を切りその後母乳を吸わせる。お乳を吸わせると子宮がぎゅと収縮させるホルモン(オキシトシン)が出る。産後の異常出血を防ぐためほ乳類の体が備えた自然の止血法だそうです。産まれて母の胸に抱かれていると母乳がとても出やすいそうです。これも自然のしくみ!!

今や病院で産むのが当たり前になっている。
陣痛促進剤を打ち助産師さんが力任せに産道に手を入れ開く!
とんでもなく痛いそうだ!!
そして生まれてきた後は母と子を別々のお部屋にしてしまう。
病院で産む方がはるかに不自然だ!!
これは米国式を日本が取り入れたそうで
日本には日本のやり方があるんだ!!という運動も起きたそうです。
今や何でも米国式が良いとされている。
そんなのおかしいと思いませんか?
しかし、自然分娩がいかによいといっても
現在の問題として「自然に産める体」になっていない女性が多いようです。
何の知識もなく偏食を続け血液がドロドロになると、生殖器は本来の機能を発揮しにくく病気も起きやすく、お産に必要なホルモン分泌もスムーズにいかない。
重症になると母体からの血液だけで成長している
「胎児の生まれる力」にも影響しかねない。

大切な大切な新しい命を
これから守っていくのは

一人一人の意識を変えていくことがとても大事だと思いました。


2015年11月18日水曜日

旬のものを食べる幸せ

飯綱も枯れ葉がちりだんだん寒くなってきました。

近所の方から柿をコンテナで5箱もいただきました。
近所の方の柿は、トロットロに熟れ、ほっぺたが落ちるほど甘くておいしい
化学調味料をたくさん使ったお菓子なんかの100倍はおいしいと思いました。

スーパーで買ってきた柿とは、まったく味が違いすぎてびっくり。
やっぱり自然にできたもの本当においしいものは、いのちが喜びます。

柿を思いっきりおなかいっぱい食べたいね。なんて話しながら~
皆と一緒に食べるのがとっても幸せです。

柿をくださった近所の小林さんありがとうございました。


2015年10月21日水曜日

豊かさとは?

食卓の向こう側より
「子供には玄米食の給食を与えるような幼稚園に通わせる一方
親は食事を抜いたりコンビニ弁当で腹を満たす。
夫婦で懸命に働いているだろう。
その食生活の向こう側に豊かな暮らしを送る家族の姿は、思い浮かばない」

豊かさの定義はそれぞれだとは思う。

でも、
病気になって使うお金を健康を保つ方に使う社会!!
水ビジネスで企業が潤うより、
そのまま蛇口の水を飲める社会のほうが豊かであることに違いない!!
そんな世の中になってほしい。
豊かといわれる日本だがキレる子供が増え、ひきこもり、「孤食」「個食」などという言葉が生まれるなど
食とそれを取り巻く風景はひどく貧しい。

私も学生時代お金がなく一日に使えるお金はほとんどなかった。
お昼は、カップラーメンで過ごし、夜はバイト先のまかないをいただく。
朝は、コンビニでチョコレートや肉まんなど・・・・
今考えればひどい食生活を送っていた。でも、現代では、これが当たり前。
食事の大切さなどこれっぽっちも考えていなかった。
生きるので精いっぱいだった。

そういえば田舎にいる時は
おばーちゃんの畑や田んぼを手伝いお米は自分たちが育てたのを食べ
お魚は近所の人がおすそ分けに来てくれる。野菜はばーちゃんの畑からもらってくる。
朝はご飯とみそ汁とお魚が必ず用意される。
夜に帰ってくるとお母さんの夕食作りのお手伝いをしてご飯をみんなで食べる。
一人で食べるのは絶対に嫌だったので誰かと話しながら食べるのが好きだった。

都会に出て一人暮らしをして、病気になり食事が改めて大切なことを感じた。

食事が満たされると心も満たされる。



今光の水農園で採れたての野菜を毎日食べることができる。
このあいだ感動したのは。
瓜が取れたので食べたらみずみずしくてメロンみたいにおいしかった。
ズッキーニなんて切ると水分がわっと出てくる。

私は、幸せだなと感じた。

今の世の中に食べ物を食べて食卓で感動することなどあるのだろうか?

私は食卓で感動を味う事こそ
豊かであると思う。


2015年7月4日土曜日

酵素玄米実習を受けて

 長岡式酵素玄米とは長岡式専用の圧力釜を使い、心を込めて正確に炊き
上げることによって炊き上がります。そして、専用の保温ジャーの中で発酵・
熟成されることにより最高の長岡式酵素玄米になるわけです。
「おいしくて 消化がよくて 10日経っても腐らない 健康に抜群」
それが長岡式酵素玄米飯です。

酵素玄米では、
新井先生という水輪には30年ほど前から来て下さり講習をしてくださっています。
さおりさんもこの酵素玄米で命を取り留めた食事の一つです。
酵素玄米は以前から水輪では炊いているのですが、何年もたつと
正しい炊き方ではなく自己流になり違うエネルギーになってしまい味も食感も違ってきます。
新井先生自身も癌もなられ、息子さんも心臓に穴が開きアトピーだったそうです。
この酵素玄米を食べ健康になられ、これを伝えなければということで全国をいや世界にまで足を運び講習を行っているそうです。
新井先生は、この酵素玄米を食べる人がいるから講習を開いているただそれだけです。
といっておられよく一切なく使命を感じているようでした。

私は、先生に質問しました。
「アトピーはどうやったら治りますか?」と
そうしたら新井先生は
「かきたかったらかきゃいいんです。ステロイドだって塗ったっていいんです。
ただ、そのことにとらわれない事が大事です。」
かいてジュクジュクするようなら体が酸化している証拠!!
アトピーの原因は体が酸化しているからなんです。
だから酵素玄米を食べることで体を中和させることが大事なんだと思いました。

新井先生の言葉に
私はあしなきゃいけないこうしなきゃいけないこれはだめだこれはよいと決めつけて
とらわれていたなと感じました。
新井先生のいつも言うこと
「圧力、こうしなさい、ああしなさいはだめですよ・・・
楽しいことは、ただしいことです・・・圧力がない事・・・
このご飯が美味しければいいんです・・・たくさん食べてください
食べた人に、おかげさまが働きだしますよ」

このご飯に出会うタイミングは人それぞれですが・・・
数年後、そういえば・・・おかげさまが働いて・・・私は幸せっ💛
と感謝する日がいつのまにか、来ていますよ。

新井先生はとても素敵な笑顔で言っておられました。

今回講習を受けて本当に良かったなと感じました。

今回は特別に新井先生が炊いた酵素玄米を試食させていただきました。
新井先生が炊かれた酵素玄米は、本当においしくてもちもちしていて
私が炊く酵素玄米と何か違う。なんておいしいんだと感動しました。

私もこの味にちかずけるように頑張りたいと思います。
そして、何かにとらわれず心中心に生きていこうと思います。
私は、それをさおりさんからも感じるなと思いました。
さおりちゃんはなんのエゴもなくただありのまま生きています。
いのちの森水輪がより良く方向に進むのは、
さおりさんが中心でやっているからこそだなと改めて思うことができました。

本当に新井先生ありがとうございました。


2015年6月30日火曜日

さおりさんのケアーをさせていただいて

私はさおりさんが糖尿病であることにより糖尿病のことを学びました。
糖尿病を学んでいくにあたって現代の糖尿病の原因は95%
食生活の乱れ、運動不足が原因となっています。
今や子供も糖尿病になることも珍しくないといいます。
大人や子供も肥満が急増している背景では、米や野菜離れ、必要以上に油を含んだ肉や魚、砂糖や添加物が多く含まれたスナック菓子やジュースなどのジャンクフード、それらの多量接種が大きく影響している。
ごはんとおやつの区別もつかないような食生活を日々繰り返す子供達
そして、日々のストレスから逃れるような食生活を日々繰り返す子供達
そして、日々のストレスから逃れるような暴威暴食を繰り返す大人たち・・
上手にストレスを解消するのは、良いことですが
もっと大事なこと
それは、「心のあり方」だと思います。
ストレスから過食に走ってしまう精神の弱さが根本にある。
食を見直すと同時に心を見直す必要があります。
人は本来「正しい食を選択する力」と「ストレスに耐える」ちからを子供の時から身に着けることが必要です。
最近の若者の動向
ゲームや漫画、テレビ、勉強で夜更かしジャンクフード
                     ↓
朝起きられない朝食を食べるがなくジャンクフード
                     ↓
バイオリズムが壊れ、学校でぼーっとして集中体力がない
これにより運動や成績不調・不道徳や非社会性、犯罪引きこもりニートなど。
この流れの根底は、栄養不足、幼少より我慢の訓練や道徳教育がないと
大脳の辺緑系皮質(忍耐力、抗ストレス性)が発達しないということ。
辛いことや困難なことを乗り越えていく体力がない。気力、向上心や人生観がないため
キレたりニートなどの非社会的になってしまう。

今の大人たちは「食育」をしっかりとこれから本当に大事になってくるんだと思いまし。

正しい食育を今大人たちから身に着けこれからの子供たちを救っていきたい。
そんな大人たちが増えることを心から私は願いたい。

いのちの森に来る糖尿病の方や引きこもりの方も環境と食事と教育が入り

少しずつ良くなっています。

2015年3月20日金曜日

「食」について

3月になってもまだなお雪がたくさん降り積もっています。

いのちの森水輪では、冬の間は夏に比べてお客様が少ないので
皆で集まり勉強会を開き学びを深めます。
最近では「食」について多くのDVDを見ては、皆で話し合います。
世界の食事情や、
私たちが食べているものはどこから誰がどんな思いでやってくるのか?
今回は「ダーウィンの悪夢」というドキュメンタリー映画をみました。
東アフリカビクトリア湖に繁殖した巨大魚ナイルパーチを通して
タンザニアからヨーロッパ、日本への加工品輸出を軸に、一日1ドル以下で
生活する人々。
ビクトリア湖に繁殖した巨大魚ナイルパーチにより在来種が絶滅の危機を
瀕していることを欧州、アフリカの会議で訴えても無視されてしまいます。
それはなぜなのか?
「飛行機で欧州からアフリカへ武器を輸入し、その飛行機が欧州へ帰るときは
巨大魚ナイルパーチをの加工品を積み込んでいる」
というパイロットの証言により
欧州とアフリカの経済的関係が明らかになる。

外国には、良い食事を輸出しながら、
その残骸を非衛生的な状態で食す人々
その中で育つ子供達。
売春やエイズや薬物などの問題など様々な悲劇

私はアフリカの人々に知識と教育があればもっと立ち向かっていけるはずなのに!!
虐待を受ける子供たちはそれを忘れるために飛行機の廃材を燃やしそこから発生する
麻薬!!により一時的に楽にしている
小さいときからそんなことをしていは、脳がおかしくなってしまいます。
売春婦達は、お金を稼ぐために体を売ることしかできない
売春により殺されてしまう人たちも少なくない。

こんな事が世界に起きている!!
なんておかしい事なのか!!
東アフリカでも昔は皆農業をして、ビクトリア湖にあらゆるお魚をみんなで分け合い助け
合い生きていた。
それを壊した大企業の人たちの自分さえよければいいという

「エゴの塊」

これは東アフリカだけの問題ではない
日本でも輸入に頼り、売春、覚醒剤、エイズや虐待
問題はたくさんある。
そして「食べ物」も添加物に汚染され、農薬だらけの野菜
本当にこのままでいいのか?

一人一人の意識を変えて
本当の人間の在るべき姿
人間の原点に戻るべきだと思います。

自分達で種を植え、野菜を育てお米を育て
自給自足を心がけ皆で助け合い補い合いながら生きていたい、
人間の原点を
「いのちの森水輪」から水の輪が広がるように発信していくことを
祈りと願いを込めて・・・


担当 平岡

2015年3月12日木曜日

“もろこしチップ”入りパウンドケーキ

スイートコーンの粒を乾燥させ粉末にして、“もろこしチップ”入りパウンドケーキを焼きました。

スイートコーンの粉末は、皆様に召し上がっていただいているネパールコーンに負けないくらい元気や勇気が湧いてくる、とても鮮やかな“からし色”です。

パウンドケーキの出来上がりはスイートコーンの甘みと歯ごたえが十二分に楽しめます。コーヒーやミルクティーといっしょにいただくと、相乗効果でよりおいしく召し上がっていただけます。


静かに雪が降り積もっても、たまに吹く暖かい風や、山の雪景色を見ると、季節はどんどん春らしくなっています。自然の息吹を感じにグリーンオアシスにぜひ、お立ち寄りください。お待ちしております。

2015年2月24日火曜日

自家製ぬか床作り

私の家では、おばあちゃんがぬかずけを漬けてくれていました。
おばあちゃんの大根の漬物や白菜の漬物が私は大好きでしたが
自分でぬか床を作ったことがありませんでした。

水輪でも昔からぬか床で作った漬物をお出ししていますが、
今回みどり先生に教えていただき、私は初めてチャレンジしました。

ぬかも野菜も水輪ナチュラルファームのものを使いました。
少し大きめのタッパーを用意しその中にぬかと塩とお水をいれ
お味噌ぐらいの硬さになったら、昆布、鷹の爪、ニンニクなどを入れます。
ニンニクは半分に切る事が味が出るポイントだそうです。

発酵するものなら意外なものでもおいしくなるそうですが、
まだまだ初心者の私には、冒険がまだできないようです。
サンショウの実なども採れる時期には入れてみたいなと思います。

少しずつ飯綱でも春の訪れを感じるほど暖かい日もあります。

春になりいろんなものが収穫できぬか漬けにするのが楽しみです。

2015年1月17日土曜日

まるごと大豆


今日は畑の大豆を使って豆乳を作りました。大豆の毒素抜く為湯でこぼしをしてから煮ていきます。
煮ている豆がぷくぷくしてとっても生き生きしていて市販の豆より元気いっぱいです。しっかり煮た後豆をこした際に出るのがおからです。おからもとてもしっとりしていて豆乳は豆臭くなく豆の本来の味が味わえます。おからはもったいないので卯の花を作りました。できたてのおからは、しっとりしていてとってもおいしい卯の花になりました。大豆の栄養をたっぷり頂いて飯綱の寒い冬を乗り越えたいと思います。



畑の大豆についてはこちらをご覧ください。

担当:平岡

2015年1月4日日曜日

明けましておめでとうございます。



明けましておめでとうございます。
雪がしんしんと降り屋根の雪がなかなか落ちずみんなで毎日雪かきを頑張っています。



雪が降っている冬は、畑仕事が出来ないので豆の選別が多くの実習になります。
豆の選別は集中力がつくのでとてもいい実習になります。小豆やくらかけ豆大豆とたくさんありますが売り物にするきれいな豆とみんなで食べる豆と食べられない豆にわけます。外国の方が豆選別をやった時日本人のまめにコツコツ仕事をするという意味がわかりましたと言っていたそうです。



日本人の心忘れずに日々まめにこつこつ仕事をし今今今を大切に今が未来を作る
選別した小豆は自分達でついたお餅とおしるこでおいしくいただきました、

担当:平岡