2015年3月20日金曜日

「食」について

3月になってもまだなお雪がたくさん降り積もっています。

いのちの森水輪では、冬の間は夏に比べてお客様が少ないので
皆で集まり勉強会を開き学びを深めます。
最近では「食」について多くのDVDを見ては、皆で話し合います。
世界の食事情や、
私たちが食べているものはどこから誰がどんな思いでやってくるのか?
今回は「ダーウィンの悪夢」というドキュメンタリー映画をみました。
東アフリカビクトリア湖に繁殖した巨大魚ナイルパーチを通して
タンザニアからヨーロッパ、日本への加工品輸出を軸に、一日1ドル以下で
生活する人々。
ビクトリア湖に繁殖した巨大魚ナイルパーチにより在来種が絶滅の危機を
瀕していることを欧州、アフリカの会議で訴えても無視されてしまいます。
それはなぜなのか?
「飛行機で欧州からアフリカへ武器を輸入し、その飛行機が欧州へ帰るときは
巨大魚ナイルパーチをの加工品を積み込んでいる」
というパイロットの証言により
欧州とアフリカの経済的関係が明らかになる。

外国には、良い食事を輸出しながら、
その残骸を非衛生的な状態で食す人々
その中で育つ子供達。
売春やエイズや薬物などの問題など様々な悲劇

私はアフリカの人々に知識と教育があればもっと立ち向かっていけるはずなのに!!
虐待を受ける子供たちはそれを忘れるために飛行機の廃材を燃やしそこから発生する
麻薬!!により一時的に楽にしている
小さいときからそんなことをしていは、脳がおかしくなってしまいます。
売春婦達は、お金を稼ぐために体を売ることしかできない
売春により殺されてしまう人たちも少なくない。

こんな事が世界に起きている!!
なんておかしい事なのか!!
東アフリカでも昔は皆農業をして、ビクトリア湖にあらゆるお魚をみんなで分け合い助け
合い生きていた。
それを壊した大企業の人たちの自分さえよければいいという

「エゴの塊」

これは東アフリカだけの問題ではない
日本でも輸入に頼り、売春、覚醒剤、エイズや虐待
問題はたくさんある。
そして「食べ物」も添加物に汚染され、農薬だらけの野菜
本当にこのままでいいのか?

一人一人の意識を変えて
本当の人間の在るべき姿
人間の原点に戻るべきだと思います。

自分達で種を植え、野菜を育てお米を育て
自給自足を心がけ皆で助け合い補い合いながら生きていたい、
人間の原点を
「いのちの森水輪」から水の輪が広がるように発信していくことを
祈りと願いを込めて・・・


担当 平岡

2015年3月12日木曜日

“もろこしチップ”入りパウンドケーキ

スイートコーンの粒を乾燥させ粉末にして、“もろこしチップ”入りパウンドケーキを焼きました。

スイートコーンの粉末は、皆様に召し上がっていただいているネパールコーンに負けないくらい元気や勇気が湧いてくる、とても鮮やかな“からし色”です。

パウンドケーキの出来上がりはスイートコーンの甘みと歯ごたえが十二分に楽しめます。コーヒーやミルクティーといっしょにいただくと、相乗効果でよりおいしく召し上がっていただけます。


静かに雪が降り積もっても、たまに吹く暖かい風や、山の雪景色を見ると、季節はどんどん春らしくなっています。自然の息吹を感じにグリーンオアシスにぜひ、お立ち寄りください。お待ちしております。